1. トップページ
  2. 研究開発
  3. 学会発表
  4. 高齢者が好む小容量サイズ缶のユーザビリティ向上

学会発表

高齢者が好む小容量サイズ缶のユーザビリティ向上

発表年月
2017年07月
発表者

◯関 亮一 1)、岩丸 忠義 2)
1) アサヒビール株式会社 容器包装研究所、2) 大和製罐株式会社 真岡工場

学会

日本包装学会 第26回年次大会

関連キーワード
135ml缶,200径,206径,ステイオンタブ,感性工学,缶蓋