1. トップページ
  2. 研究開発
  3. 研究開発領域
  4. 商品開発
  5. いつものおみそ汁

フリーズドライ食品(おみそ汁)の開発

商品画像、商品は「いつものおみそ汁」

手間ひまかけたこだわりの一杯。
味にこだわるフリーズドライ開発

5種類のおみそ汁が並んでいるイメージ画像

フリーズドライおみそ汁の開発は、具材に合わせてみそやだしを選ぶなどおいしさに妥協しないおみそ汁づくりから始まります。そのレシピをもとに、フリーズドライのバイオニアとしてアサヒグループが長年培ってきた技術を駆使することで、お湯を注ぐだけで風味豊かなおみそ汁を味わえるフリーズドライおみそ汁がつくられます。

  • まずは、具材・みそ・だしの組み合わせで最高の一杯をつくる

    開発イメージ画像、コンセプトに合うおみそ汁をつくっている様子

    フリーズドライおみそ汁の開発は、まずおいしいおみそ汁づくりから始まります。具材の切り方や大きさ、さらに、具材ごとにさまざまなみその配合や、だしの種類を検討します。この味づくりへのこだわりが、家庭では簡単に出せない風味をつくりだします。

  • 最適なフリーズドライ条件でおいしさをそのままに

    製造工程のイメージ画像、おみそ汁を凍結乾燥している様子

    フリーズドライは、食品を凍結したあと、真空に近い状態で水分を気化させて食品を乾燥させる製法です。
    風味や食感を損なわず、湯戻りよくおいしいおみそ汁に復元させるために、加熱条件・冷却温度・凍結条件・昇華温度などの条件をみその成分や具材との組み合わせに応じて、綿密に計算した上で検証を重ね、最適な条件を見出します。

  • おみそ汁で培った技術で、新たなチャレンジへ

    食卓のイメージ画像、パン、サラダ、コーヒーといっしょにフリーズドライのパスタが加わった食卓の様子

    アサヒグループで展開するフリーズドライ食品には、おみそ汁以外にもスープやお粥、カレー、パスタ、さらにはチキンカツなどさまざまなものがあります。商品ごとに素材の固さや調味液の濃さが異なる上、食感の再現が難しいものもあり、それぞれに合わせたフリーズドライの条件検討が必要となります。
    例えばチキンカツを含む食品では、お湯を注いだ時に衣がはがれることがないように試行錯誤をくり返し、製造条件を確立しました。
    アサヒグループでは、長年培ってきたフリーズドライ技術を駆使して、新たなフリーズドライ食品の開発にチャレンジし続けています。