1. トップページ
  2. 研究開発
  3. 研究開発領域
  4. 商品開発
  5. サーベリックス

堆肥化促進材の開発

商品画像、商品は「サーベリックス」

微生物の力で野菜くずから良質な堆肥を
つくる循環モデルを開発

農作物イメージ画像、たくさんの立派な人参の写真

「サーベリックス」は、アサヒグループが保有する微生物「枯草菌C-3102株」を利用した堆肥化促進材です。食品廃棄物を利用して良質な堆肥をつくり出し、循環型農業のモデル構築に成功しています。

  • 野菜くずを効率よく堆肥化する微生物を選抜

    廃棄される野菜くずを堆肥化して野菜をつくる、循環型農業を説明するイラスト画像

    食品廃棄物の再利用法の一つに、微生物の力を利用した「堆肥化」があります。しかし、食品を加工する過程で発生する野菜くずは、水分量が多く、微生物が良好に働くことができないなどの課題がありました。そこで、アサヒグループでは、保有するさまざまな微生物を使って、野菜くずを効率よく堆肥化できる微生物の選抜に取り組みました。その結果、納豆菌の仲間である「枯草菌C-3102株」が有用であることが分かりました。それを用いたのが堆肥化促進材「サーベリックス」です。

    野菜くずの写真と、できた堆肥の写真
  • 野菜くずから生まれた堆肥による効果を実証

    子どもに向けた環境教育の様子、小学校に出向き話をする研究員

    「サーベリックス」でつくった堆肥を使うことで、農作物の収量が増えるとともに、味質が向上することを確認しています。例えば、ニンジン栽培の場合では、化学肥料栽培区と比べて37%もの収量の増加に加え、「苦味」「塩味」「渋味」が減り、おいしくなったという分析結果が出ています。
    現在、パートナー企業と連携し、野菜くずの「堆肥化」を中心とした地域循環型システムの浸透を目指し、効率よく堆肥化を進めるために最適な添加量・タイミング・かく拌方法の改善を進めるとともに、子どもに向けた環境教育なども行っています。